沖縄でのダイビングはハマル

誰でも一度ダイビングを体験するとリピーターになるでしょう。 - ダイビングは口呼吸

ダイビングは口呼吸

g8vasizv6xwywx55i体験ダイビングをするためには最低限のスキルが必要になるのですが、呼吸はどうやってするの??と気になっている人も多いでしょう。

ダイビングをする時の呼吸は、地上での呼吸とは違うようです。

【口で吸って口ではく】というのが基本のようですが、要するに口呼吸をすればいいという事ですから、ちょっと意識すれば誰でもできます。

ダイビングをする時は、マスクの中に鼻が入るような感じになりますので、鼻で呼吸ができません。
鼻呼吸をしてしまうと、マスクがずれてしまうという事もありますので水が入ってきてしまうということになります。

口呼吸を意識すれば誰でも潜る事はできますので、体験ダイビングの前にちょっと呼吸法の練習などもしてみるといいでしょう。

では、実際鼻呼吸をして水が入ってきてしまったという場合は、どうすればいいのでしょう。
●マスクの上部を軽く押さえてみる。
●ゆっくりと鼻から息を出す。
マスクの中を空気でいっぱいにして水を追い出すという形になります。

こういうトラブルが不安という方は、深いところに潜る前に水出しの練習をしておくといいと思います。
勢いよく鼻から息をしてしまうと余計に圧がかかり水が入ってきてしまいますので、気をつけて下さいね。

Copyright(C)2013 沖縄でのダイビングはハマル All Rights Reserved.